【新卒採用の動向】~2008年卒業予定版~

08年春の大卒求人倍率、2.14倍・リクルート調べ


 リクルートは23日、2008年春卒業予定の大学生の求人倍率が2.14倍になったと発表した。
07年卒は1.89倍だった。
求人倍率の上昇は5年連続で、2倍を超すのは1992年春卒以来16年ぶり。
採用戦線は「売り手市場」の様相を一段と強めている。

 民間企業への就職を希望する学生数は前年比0.1%減の43万7000人とほぼ横ばい。
これに対し、企業の求人数は13.0%増の93万3000人に達し、
バブル期のピーク(91年春卒の84万人)を上回り過去最高となった。
景気回復と団塊世代の大量退職で、
企業が採用を活発化していることが求人増につながった。

 売り手市場が続く中、
特に中堅・中小企業の採用環境が厳しさを増している。
「従業員1000人未満」の会社の求人数は73万人と14.3%増えたのに対し、
就職希望者数は7.1%減の17万3000人。
求人倍率は前年の3.42倍から4.22倍に急上昇した。
「1000人以上」の会社も求人を増やしているが、
学生の「大企業志向」の高まりで就職希望者も増え、
求人倍率は0.75倍から0.77倍とわずかな上昇にとどまった。



[4月25日/日本経済新聞 朝刊]



2007年4月中旬。
就職活動、採用活動が過熱する今の時期に、
とても興味深い報道がなされた。

売り手市場という言葉が
実際に検証される結果だ。

また、現在の採用手法として最もポピュラーな方法として知られている
採用媒体がアップされる時期も早くなってきている。

中小企業の採用環境の悪化とは裏腹に、
採用活動の早期化が、進んできている。



新卒採用ツールについて



-お問い合わせはこちら---------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
---------------------------------------



-------------------------------------------------
キャリアマート/分部

新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
転職求人情報

人材紹介サービス

-------------------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック