地方と東京での新卒採用の違い 【山梨の場合】

そろそろ夏が近づいて来ましたね。

2008年度の新卒採用も終盤に入る企業様も多い時期です。
また、学生での就職活動を終える学生さんや、
内定がまだ出ていないけれど、夏は就職活動を一休みして
また、秋から頑張るという方も多い事でしょう。

ところで、東京では就職活動を終える学生さんが多いですが、
地方とはまた違うのでしょうか?

私の出身地、山梨は東京には近いもののそれなりの田舎です。
東京には2時間弱でこれるので、東京にて就職する学生さんも結構居ます。

大学入学時に上京してきた学生にとっては自然の流れです。
ただ、学校が山梨の場合、就職活動で何度も東京までは出てこれないので、
県内で説明会を行う企業を見に行ったりします。

山梨県内で行われる合同企業説明会などで、高校時代の友人に会う事も
珍しくはなかったです。
実際に友人と話をしていても、
首都圏で働きたい!
どこまで自分がやれるのかわからないからこそ東京で頑張りたい!
と、話しておりました。

一番重要な事は、山梨でも東京でも、どちらでもいいから
やりたい事をしたいよね。という事です。

そう考える学生さんって実は多いのではないでしょうか?
しかし、諸事情によりあまり多くは首都圏に行って、就職活動を行えない。
(お金や学校の行事など・・。)
だから、身近にある企業でいいか・・・と。

だからこそ、地方の合同説明会は必要なんです。
本当に欲しいと思える学生との出会い。
本当に就職したいと思える企業との出会い。
そこには、企業にとっても、学生にとっても、貴重なチャンスがあります。

あるデータによると、
地方と首都圏では、学生の内定所持率が全く異なるそうです。
東京に住む学生の方が多いです。
きっと企業に働きかけるチャンスの数が全く違うからでしょう。

企業様にとって
地方に採用の矛先を向けてみるのは、
新卒採用成功への一つの鍵になるかもしれません。


地方開催分 新卒採用合同企業説明会のご案内はこちら


-お問い合わせはこちら-------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ

キャリアマート  分部
新卒採
用はキャリアマート

転職情報サイト
人材紹介
サービス

--------------------------------



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック